SPW財団 新ジョジョ研究部署

スタンド大解析−関連人物データ:さ行その1(さ〜し)


基本的な配色
  • 青色:その記事で解析対象となる人物名。
  • 白:確定事項。資料等で断定されている、または実例から確定的となっている事項。
  • :推定事項(確信度高)。実例や資料から推定できるが確実とは言えない、または疑問の含まれる事項。
  • :推定事項(確信度低)。疑問の含まれる割合がより大きい、または全くの推論である事項。
  • オレンジ:分析対象に何らかの区分けが存在する場合の分類名等。
  • 水色の太字:項目名。
  • ただの太字:項目内での小項目等。その他。
  • 下線付き文字:リンク。文字色は上記の配色規則に従う。


Last Update 2017/06/01
さくなみ
作並
カレラ
Karera Sakunami

名前補足:本名。ファーストネームで呼ばれる事が多い。

種族/性別:人間/女性
出身地:「新世界」の日本、M県S市紅葉区杜王町
生年月日:「新世界」の1990年秋頃〜1991年9月頃
データ基準時期:「新世界」の2011年後半、20歳時点
身体的特徴身長160cm余り〜170cm程度(ヒール込みで東方定助と同程度)。空条仗世文曰く「よく見るとちょっと可愛い」。腰まで届くボリュームのある黒髪(一度後ろ髪を失ってからスタンド能力で常時伸ばしている)で、前髪がロールしている。

職業:T学院農学部の学生(退学済み?)

スタンド:発現理由は不明。
親族・家族:不明(音信不通らしい)
主な周辺人物
  • 友人(?):空条仗世文……同じ学部の学生。ストーカー気味に付き纏い、「大好き」「片思い」との事。「セッちゃん」と呼ぶ。
  • 知人:吉良吉影……船医であり仗世文の友人。危険な目に遭わされ嫌っている。母親の病状も知っていた模様。
  • 東方定助……吉良と仗世文が融合した存在。仗世文と誤認して接触し、後に事情を把握する。
  • :エイ・フェックス兄弟……『岩人間』。命を狙われ、定助とともに撃退する。
性格その他特徴
  1. 言動が何かといい加減で常識やモラルに反しており、信憑性に欠ける。
  2. 過去や家族には興味がなく、現在の幸せこそ大切と考えている。
  3. スタンド能力で日常的に小金を稼いでいる模様。
    1. 有料で他者に毛を生やす。(ただし、能力射程から出ると毛が抜けてしまうので、ほぼ詐欺)
    2. 一般人だが、能力の悪用により小規模な恐喝や窃盗を働く。(例:食品に毛が入っていたと因縁を付ける)
  4. 本人曰く、ファッションデザイナー志望。
    1. 絵が苦手のため、デザイン作業用にCGソフトの操作を習得したいと考えている。
  5. 好きなものパチンコ、焼き鳥
  6. 口調等:一人称は「あたし」で、普段はいわゆる女言葉で喋るが、すぐに口調が乱暴になる。
  7. 服装等の趣味:頭頂部に魚柄のバンダナを巻く。腹を露出した服、裾を切ったズボン等、全体的に露出度は高め。
略歴
  1. 詳しい生い立ちは不明。
  2. 2011年3月11日、紅葉区杜王町で東日本大震災に被災。
  3. 2011年8月19日、空条仗世文と吉良吉影が八木山夜露と田最環に襲撃される現場に遭遇。吉良に逃亡の捨て駒にされる。
    1. 吉良のスタンドによる爆発に巻き込まれ、負傷はしないが後ろ髪を吹き飛ばされる。
    2. 以後、口封じのため田最達『岩人間』に命を狙われる。
  4. 後日、札幌に渡る。
  5. 2011年9月、杜王町に帰還し、東方定助と出会う。また、エイ・フェックス兄弟に襲撃され、定助とともに撃退(殺害)する。
    1. 最初は定助を仗世文と誤認していたが、戦闘終了頃には定助が吉良と融合した仗世文であると理解した。
  6. 以下、データ収集中。
謎・疑問点
  • 仗世文と吉良とはどういう付き合いだったのか?
  • 震災前から半年逃亡していたと言っていたが、実際は8月からだったのか?
  • 「定助」と出会った時点では学生と無職どちらか?

Last Update 2017/06/01
ささめ おうじろう
笹目 桜二郎
Ojiro Sasame

名前補足:本名。

種族/性別:人間/男性
出身地:「新世界」の日本、M県S市紅葉区杜王町
生年月日:「新世界」の1988〜1989年
データ基準時期:「新世界」の2011年後半、22歳時点
身体的特徴:中背でやや筋肉質(?)。両手の全ての指先が欠損している(切断位置は指によって異なる)。髪型は七三分け。眉毛がない。サーフィンのシーズン中は日焼けしている事が多い。

職業:自称「サーファー」(公的な職業は不明)

スタンド:本人は生まれ付きの能力と認識している。
親族・家族:不明
主な周辺人物
  • 元友人→敵:吉良吉影……船医。両手の指先を食い千切るよう唆され、強い恨みを抱く。「殺人を犯している」と推測していた。
  • :東方定助……吉良と見間違えて攻撃するが敗北。
  • 被害者:バスルームの女(仮)……吉良への罠とするために拉致監禁する。
性格その他特徴
  1. スタンド能力で遊び半分に他者を苦しめる事が趣味。
    1. 特に、ナンパした女性を海に沈める等。(殺すわけではない)
  2. 指先を失う原因となった吉良吉影に強い恨みを抱くと同時に、自分自身にも憤りを覚えている。
  3. 復讐のためには無関係の他人を平気で利用し、命にかかわるレベルで心身を傷付ける。
    1. 「手段を選ばないほど復讐心が強い」というよりも、単に他者を傷付ける事に抵抗がないだけ。
  4. 本人曰く「誇り高きサーファー」だが、サーフィンの技術と熱意の程度は不明。
  5. 少なくとも19〜20歳前後の時、酒を飲み、麻薬を使用していた。
  6. 服装等の趣味:指先を隠すため、常に手袋をしている。
  7. 生家は杜王町の、後に『壁の目』が隆起する場所に建っていた。
  8. 現住所:(2011年8月時点で)杜王町258番地マンションつつじヶ丘304号室。(吉良吉影の部屋の真上)
略歴
  1. 子供の頃にスタンド能力に気付き、「少々楽しむ」ために悪用しながら「結構幸せ」に育つ。
  2. 19歳前後の時(2008年の夏)、海辺で女性を苦しめて遊んでいたところを吉良吉影に出会い、一旦は仲良くなる。
    1. 当時はアルバイトをしていたが、内容は不明。
  3. 2009年以降のある日、吉良に唆されて自分の両手の全ての指の先を噛み切り、食べてしまう。
    1. 吉良曰く「サーファーは『海の人間』か『陸の人間』か曖昧な存在だ」「曖昧なのは男ではない」「気に入らない」「男なら食って証明してみろ」。
    2. 酒と麻薬で意識が若干混濁していたところを吉良に延々と一晩中なじられ、遂に指を食い千切る。
    3. この件以来、吉良と自分自身への怒りから、吉良への復讐を企む。
  4. 2011年8月頃、マンションの吉良の真上の部屋に移住し、吉良への復讐の準備をする。
    1. 吉良への罠として、吉良の部屋の各所に刃物や毒蛇を仕掛ける。
    2. 東京から旅行に来ていた女性を拉致し、能力で自由を奪って吉良の部屋に監禁する。(吉良への罠の一環)
    3. 後で吉良に全ての罪を着せるため、監禁した女のSM風の(?)写真を撮る。
  5. 準備完了の3日後(8月22日)、吉良の部屋を訪れた東方定助を吉良と見間違えて攻撃するが、敗北する。
    1. 部屋中の罠と監禁した女を駆使して定助の四肢を支配するが、想定外の定助のスタンドや広瀬康穂の到着等によって逆転される。
    2. 敗北後、人違いに気付き、定助(と康穂)に自分と吉良の素性と関係を説明するが、その間かなり痛めつけられる。
  6. 以後不明。
謎・疑問点
  • 吉良の部屋には女性の拉致監禁の証拠や定助の血痕等が多数残っていたはずだが、吉良の死体発見後の調査で露見しなかったのか?
  • 吉良と仲良くなったのが2008年夏で、2009年(吉良が愛唱を尾行していた時)には既に不仲で、その後で指を失ったはずだが、どういう付き合いなのか?

スタンド                              名称不明  番外    参考関連事物(12)  補注
人物あ(12)  か(12)    さ(12)          は(12)      ま(12)      わ・ん  氏名不詳(12)
目次等項目説明  通常目次フレームON)  スタンド一覧50音順発見順)  関連人物一覧50音順発見順)  トップページ
inserted by FC2 system